メスを入れないワキガの手術(ミラドライ)ができるところ

ワキガの手術はメスを入れる手術しかなかったので、傷痕が残るという理由からなかなか手術に踏み込めない女性が多くいました。しかし、ミラドライというメスを使わない最新の治療法が確立されたため、「ワキガだけど傷痕を残したくない」という人たちにも、「手術をして治療する」という選択肢ができました。

わきがは専用のクリームを塗布したりすることで臭いを抑えたり対策することはできますが、治療することはできませんでした。ですので、手術ができるという選択肢が増えたことは大変すばらしいことです。

ワキガが治ると露出しても周りに臭いを充満させることも無くなるし、異性との恋愛も積極的にできます。ワキガのせいで恋愛ができなかった人も、治療することでできるようになるのです。

傷痕の残らない最新の治療法”ミラドライ”で、ワキガを治療しましょう♪

最新の治療法「ミラドライ」を受けることができるクリニックはこちら

桂仁会クリニック
  • メスを入れないため、傷痕が残らない!
  • 手術時間は約1時間で、日帰りできる!

ワキガの手術はメスを使って切開をする手術が主流でしたが、ミラドライが確立されてからは、メスを使わない手術ができるようになりました。メスを使わないため手術時間も短く、入院をする必要もありません。

費用 手術方法 手術時間 入院
45万円 マイクロ(電磁)波エネルギー 1時間程度 不要

他の手術法

ワキガの手術は、剪除法(皮弁法)というメスを使った切開式の手術が主流です。保険がきくため多くの女性がこの手術を受けています。メリットと言えばもちろんワキガが治ることですが、デメリットとして傷痕が残ることがあげられます。

剪除法(皮弁法)という手術法は、ワキガにしかできないため、スソガ(すそわきが)やチチガ(乳輪わきが)には超音波メス法(ソノペット法)による手術が必要です。(ワキガの手術もできます)

超音波メス法はメスを使いますが、剪除法(皮弁法)の手術よりも傷痕が残りにくいというメリットがあります。保険がきかないため、料金が高いですがスソガやチチガも手術ができるということで非常に人気があります。ワキガ以外にもすそわきがや乳輪わきがで悩んでいる人も多いので、この手術法は素晴らしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ