体臭の原因となる食べ物と予防する食べ物

人は誰でも暑い夏の時期になると汗をかきますので、「体臭」が気になる人も多いことでしょう。しかし、あまりに気にし過ぎてはそれがかえってストレスとなり、体臭を強くしてしまうので、注意が必要です。全く気にしないのも問題ですが・・・。ここでは体臭を悪化させる原因となる食べ物や少しでも体臭を防ぐ食べ物等について述べていきたいと思います。

汗そのものには臭いはほとんどない

そもそも体臭とはどのようにして発生するのか、簡単に説明すると、人間の汗そのものには臭いはそれほどないのですが、そのかいた汗と汗をかくのと同時に発生する細菌が混ざることにより臭いが発生すると言われています。

体臭を悪化させてしまう食べ物

体臭を悪化させてしまう食べ物は何かということを考える上で目安となるのは、「臭いが強い食べ物」でこれらは体臭を悪化させるとされています。該当する食べ物としてはにんにくや、カレー、肉類等が挙げられます。

にんにくはスタミナが付く食べ物とされていますので、疲れやすい夏場に良さそうですが、食べ過ぎはよくありません。カレーや肉類についても同じです。ですが、全く食べてはいけないというわけではなく、適度に食べるのは問題ないと言えます。

そして、これは食べ物ではないのですが、「アルコール」も体臭を悪化させてしまう原因となります。夏場ですと仕事が終わった後のビール等楽しみな方も多いとは思いますが、飲み過ぎてしまうと体臭だけではなく、健康にもよくないので、気を付けましょう。

にんにくは、臭いの元となる物質が血液に取り込まれることによって発生し、肉類はそれに含まれるタンパク質が原因となって体臭を発生させます。ですからタンパク質の摂り過ぎにも注意が必要です。

体臭を防ぐには?

どうしても体臭が気になってしまう人は、朝起きたらシャワーを浴びることによって、体臭を防ぐことができます。これは先ほど、細菌が混ざることによって、体臭が発生するということをお話しましたが、シャワーで細菌を洗い流すことによって体臭を少しでも予防してあげるということです。

その他体臭を防ぐ食べ物として挙げられるのは、酢、海藻といったアルカリ性の食べ物や穀物を摂ることによって体臭を少しでも防ぐ効果が期待できます。また食物繊維を多く摂ることで便秘が解消され、腸内の悪玉菌を排出することになりますので、効果的です。

終わりに

これまで体臭を予防するについてお話してきましたが、簡単に言ってしまえば「バランスの良い食生活」を送ることで体臭予防としてかなりの効果があると言えます。汗のかきやすい夏場は食欲もわきにくいですが、そんな時こそ好きなものだけ食べるのではなく、色々食べるのが大事です。

スソガの悩みを一発解消! – すそわきがの臭いを手術治療・対策をして解決!

サブコンテンツ

このページの先頭へ