性器周辺の臭いが気になる場合はスソガ(すそわきが)を疑いましょう

nioi

スソガという言葉あまりは知られていないようなのですが、ワキガという言葉はほとんどの人が知っているのではないでしょうか?

ワキガは脇から臭いを発生するのですが、スソガは性器周辺(お股)から臭いを発生します。臭いを発生する原因はこちらの「スソガの臭いはワキガの臭いと発生源が同じ!」という記事で解説しています。

性器周辺は非常にデリケートな場所なので、女性からしたらそのデリケートな場所の臭いがきついと、どうしてもトラウマになってしまいます。

いざ異性の男性と付き合うことになったとしても、なかなかエ〇チにふみきれない女性も多いのではないでしょうか?

逆に、自分の彼女の性器周辺が臭うという相談も多く受けます。

日本人は外国人と比べても特に臭いに敏感な人種なので、誰にも相談できずに、一人で悩みを抱えている割合が非常に多いです。これは女性だけではなく、男性で悩みを抱えてる人もいます。

当サイトは、そんな悩みを抱えてる人に、どうすれば改善できるのかをお届けしています。

  • 臭いの対策をするのか?
  • 治療(手術)して臭いを無くすのか?

人によって選択肢は変わってくるので、あなたに合った治療をお届けします。

手術するお金がない場合や、手術が怖い人は専用クリームで対応

臭いを無くすにはやはり手術をするのが一番ですが、手術費用がない場合や、手術が怖い場合は、それ以外の対策をするしかありません。手術は傷痕が残ることもあるので、やはり慎重にならなければいけないと思います。

スソガ(すそわきが)は、ワキガと同じ対策をすれば問題ないので、手術以外の方法となると、ワキガ用のクリームなどを使えば臭いを抑えることができます。

ワキガ専用クリームでお勧めなのが、ラポマイン です。このクリームは塗ってもべたつかないので、サラサラを維持してくれます。塗った後は臭いを気にせずに快適に過ごせるでしょう。

参考記事⇒お股の臭いを改善してくれる人気アイテムはこれ!

臭いを無くしたい人は手術を考えましょう

専用クリームを使って臭いを抑える対策は、常にしなければいけません。ですので、専用クリームなどを使わずに、臭いを無くしたい場合は、手術を考えましょう。

ワキガの手術はいくつか方法があるのですが、スソガの手術は現在の医療技術では一つしかありません。それは、超音波メス法(ソノペット法)による手術です。

この手術は従来の切開式のワキガ手術よりも、手術痕が目立ちにくいという特徴があります。

参考記事⇒スソガ(すそワキガ)やチチガ(乳輪ワキガ)は手術して治療することはできるのか?

まったく傷痕が残らないというわけではないですし、手術費用もそれなりにするので、じっくり考えてから手術するのをお勧めします。

超音波メス法(ソノペット法)で、スソガの手術ならここです。
スソガ手術なら酒井形成外科!

サブコンテンツ

このページの先頭へ